読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マークの妻自慢(笑)日記 vol.8

実はこの日記、一番の読者は妻です(笑)

昨日も何度も読み返していたようで

どれだけ愛されてんねんって感じますわな(^^♪

それでも妻も知らなかった事もあり

当時のことを振り返って話す良い機会にもなってます。

 

さて、昨日の日記(^^♪

marknakajima.hatenablog.com

東北の震災のタイミングで自分自身を生きようと

決めたわけですよ(^^♪

それまでボーナスは繰り上げ返済!って人が

急に自分磨きにお金を使いだす(^_-)-☆

それに全く反対しない妻(^^♪

なんだか未来でも知ってるんじゃないだろうか(笑)

 

独立を決意して準備に入っていこう

まずは副業からスタートさせていずれは!

って思って動こうとしていた時に

当時住んでいた地元の商店街を歩いててね

偶然目にしたのが、楽読高槻スクールの看板(^^♪

 

看板にはチラシが設置されていて

体験3000円が1000円になるって書いてあったので

何気なく一枚を取り、帰宅後妻に提案(^◇^)

 

きっと「行かない」って返事があると思ってたけど

意外や意外、行ってみたいってなってね。

 

当時の妻は、僕にたくさんの愛情を送りながらも

身体の不調や、知人のいない寂しさにも

なんとか踏ん張っていたって感じ(^◇^)

きっと居場所を求めていたんやと思う(^_-)-☆

 

因みに、夫婦そろって速読には興味なかった(笑)

私は、本を読むのは速いって思っていたし

妻はこれ以上、自由な時間はいらないって思ってた。

さぞ、体験講座はやりにくかっただろう(笑)

 

で、この体験講座がめちゃくちゃ面白かった(^◇^)

読書速度が上がったのはもちろんなんだけど

スッキリ感というか、元気になるというか

メンタルに闇を抱えている夫婦にはピッタリだったのだ(笑)

 

教室を後にして、カフェに入り

申し込むかどうかを相談した結果

妻は、涙を流しながら通いたいと言ってきた(^◇^)

f:id:marknakajima:20170403090442j:plain

妻がこのように主張するって珍しいなと思い

二人で通い始めることになった(^◇^)

きっと、あの時の涙は、自分を生きたい!って

涙だったんじゃないかな(^_-)-☆

sokudoku-ibaraki.com

これがきっかけで楽読教室に通うことになるのだが

まさか自分がその教室を開校するなんてねえ~

当時の私からしたら驚きですわ(笑)

 

次回は、インストラクターを目指す妻!どうする私!